7日間シングル

ゴルフ7日間シングルプログラム、7日間でシングルにスコアアップする為の、ゴルフ上達法です。

ゴルフは、クラブで静止したボールをクラブを使って打ち、いかに少ない打数でホールにいれるかというスポーツです。

 

野球のように動いているボールを打つ訳ではないので、見ただけでは簡単に上達出来そうに思えるのですが、

それ程簡単では無い処が、人気の高いスポーツの所以でしょう。

 

7日間シングルとアプローチ

精神力も重要とされ僅か30cmのパッドでさえ入れられない事もあります。逆にホールインワンと言って、たったの1打で入れられることもあります。

 

打ち始める位置をティーインググラウンドといい、そこからティーショットが始まり、最後のグリーンのホールに向かってアプローチショットを行ないます。

 

また、打つ場所によって、ティーショット、アプローチショット、バンカーショット等と呼ばれています。

 

コースには、フェアウェイ、ラフ、バンカー、グリーン等があり、一般に1パウンド18ホールでパー72に設定されています。

 

初心者は120当たりが多いと思うのですが、プロになると72以下で回ります。

 

そこでゴルフ上達の度合いとして、プレーヤーには36までのハンディーキャップが与えられます。
シングルのプレーヤーには1ケタの9が与えられ、72+9=81から少なくとも82以下で回れるプレーヤーとなります。

 

7日間シングルは小原プロのゴルフ上達法

小原大二郎プロのゴルフ上達法の、ゴルフ7日間シングルプログラムでは、7日間でシングルプレーヤーになる為のゴルフ上達マニュアルです。

 

普通、シングルで回れるには、相当の練習が必要といわれ、120や130で回っている人は、なかなかシングルの腕前にはなれません。

 

シングルになれないのは、練習の仕方が間違えているのかもしれません、「7日間シングル」プログラムは小原プロが3年間で189人の教え子をシングルに導いたゴルフ上達法です。

 

小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です